2013年03月28日

誕生日

完全に年一回誕生日更新になっております。

今日は、私とSタロウの誕生日です。

数日前からダンナーが「もうすぐSタロウの誕生日じゃな〜」というたびに
「私も!私も!」
「違う!Sタロウのたんじょびよ〜!」
「母さんが、Sタロウを母さんの誕生日に産んだから同じ誕生日!」
「Sタロウだけのよ!」「母さんが先!」

大人げない争いを繰り広げて参りましたが、今日は二人の誕生日を言い訳に
カフェでオムライスを食べたり、ケーキをホール食いしたりと、機嫌よく過ごしました。

デパートで顔見知りの店員さんに、お誕生日なの〜。何歳になったの?と聞かれたSタロウ。
「Sタロウ3才!お母さん、39才!」
・・・ うん。ちゃんと言えたね。
声、大きいね。

周りの店員さんが生暖かい笑顔で祝福してくれました。

そうだよ。母さん今日で39才だよ。。
そして、3年続いたsタロウの天下もあとわずか。

4月の半ばには、2番めの人、おそらく女子が現れる予定です。
Sタロウの時より、明らかにお腹が重いし、苦しい・・・やはり3年で体力が低下しているのか・・。
と思っていたら、どうやら中の人がかなりデカイご様子。
まあ、私も生まれた時3500以上あったらしいし。
今度はどんな風に出てくるのか楽しみです。

出た直後にSタロウを抱いた私の率直な感想は
「存外、骨ばっている・・。」だったな〜。
今も、骨太で筋肉質、脱いだらガチムチなSタロウ。
赤ちゃんが来たら、抱っこして、新幹線の上にのせてあげるそうです。
・・できれば、上じゃなくて座席にお願いします。
posted by たへ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

誕生日

あんた、誰?確認して。とSeesaaに聞かれるほど
長らく放置していました。

お久しぶりです。

今日3月28日は、私と息子Sタロウの誕生日ということで
久々更新します。
とにかくSタロウのマークがきつくてなかなかパソコンの前に座れず・・。
昨日で生放送で仕事が終わったので、今年はもう少し更新できるかな。

二人あわせて40歳。

2年前の今頃は、3キロくらいでホェホェと泣いていたのが
今は11キロ、走りまわって一応人語らしきものを発しています。

 顔や体型は、完全にダンナーの子供の頃の相似形ですが、
ずっと何か言葉を発しているのは、きっと私のエキスでしょう。

最近のSタロウ気まずい発言 

1 父さんに似てパソコン大好きSタロウ。
「あそこん!あそこん!」と言いながらキーボードを叩きます。叩きのめします。
外でも、パソコンやレジを見ると、
「あそこん!あそこん!」

・・・・「アソコ!アソコ!」って聞こえるんですけど。

気まずいわ。


2 電車、バス、車、動くもの大好きSタロウ。
  ベビーカーで走行中、車道にバスが通ると大喜びします。まあ、かわいい。
 
  「ブス来た〜!。ブスだ!ブス来たね〜!ブス〜!」 

前から歩いてくる女子の表情が険しいです。

 気まずいわ。

3 車大好きSタロウ。
  我が家の車が日産なので、一時期、車=日産だと思っていました。

  クレドビル前を通りかかると新車の展示会をしていました。
 ピカピカの車に大興奮し「ブーブーだ!かっっこいいねぇぇ。」と叫びます。

 「かっこいいじゃろう。ボク、ブーブーが好きなんかな〜」とスタッフのおじさんたちが
 満面の笑みで近づいてきます。

 「かっこいい!ニッサン!、ニッサン!ブーブー!」

 おじさん達の笑顔が凍りつきました。

 だって、マツダの展示会だったから。

 なおも「ニッサン!ニッサン!」と連呼するSタロウをベビーカーごと
 強制撤収。 

 気まずいわ。


このようによくしゃべるSタロウですが、今日はとーさんからの誕生日プレゼント
機関車トーマスに夢中でした。

 で、珍しく静かだな、と思っていると
発泡スチロールをひたすら細かくする作業に没頭していました。
お部屋に雪がふったね〜。まあ、ロマンチック。

DSC03264.jpg




ヤツの体もろとも掃除機で吸ってやりました。

ともあれ、私にも忘れずに三日月型ネックレスを賜りまして、よい誕生日でした。  
 
 
posted by たへ at 00:29| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

コロコロと大人買い

手足口病、といっても1日で熱が下がり動きまわるSタロウの
相手をすべく大阪から来た母。 
 2日間滞在して、Sタロウの面倒をみたり、掃除をしたり、洗濯をしたり、私の服の
すそをまつったり、また掃除をしたりして帰っていきました。

 あああああありがとう。

 帰る前に天満屋にでかけ、お土産を買う相談をした所、
父母もお気に入りの「籠もよ」の「虎吉」(生地で餡子を挟んだどら焼き的な和菓子)が
欲しいとの事。

 「いくつ買う?」

 「そよね〜。5個入りを・・・5箱。」

 
 5個入りを5箱?   5×5=25!

 「えぇ・・25個もどうすんの。めっちゃ、重いし。」

 「大丈夫。お母さん、コロコロに入れるから!」

そう。転がして運ぶキャリーバッグ、我が家での通称コロコロを
母は、過信に近いほど信頼しているのです。
 
 出先で、瓶詰めやらお菓子やら土佐文旦やらを大人買いすると必ず

 「大丈夫。コロコロがあるから!」と力強く言い放ちます。

まあ、虎吉はそんなに大きな箱じゃないし・・なんとか入るかな、と思っていると

「お使い物にしたいから、大手饅頭(ずばり餡子玉)も2箱か3箱買おうかな〜」。


ええええ〜。

お母さん!あなたのコロコロのほとんどは餡子でできています!

何かの拍子に荷物を開けられたら、間違いなく和菓子の行商の人と思われる事でしょう。


まあ、止めはしないよ。あなたの道を進んでください。

お互い甘いものの食べ過ぎには気をつけましょう。と
コロコロに餡子を満載して帰る母を見送ったのでした。

 
  

posted by たへ at 10:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。