2010年03月24日

NINE

ミュージカルが苦手な人にはおすすめしませんが、
ミュージカルだから、という理由で観ないのはちょっともったいない
作品です。

 小難しい事は考えずに、欧米人にしか作れない、過剰なまでに
豪華なエンターテインメントに身を委ねるのが正しい鑑賞の仕方かと
思いました。

 舞台は1964年のイタリア。世界的な映画監督グイドは
注目される新作の撮影を間近に控えながら、構想が全く浮かばず
自らの才能の枯渇に怯えていた。
 彼をとりまくのは、妻の他に愛人や主演女優など様々な女性達。
彼女達との関係にも行き詰まり、グイドはしだいに追いつめられて
いく・・。

 「シカゴ」のロブ=マーシャル監督の描く、華麗で、その分影も濃い
世界。シカゴほど度肝を抜かれるスタイリッシュな演出はないんですが、主人公グイドや女性たちの心象風景が、圧巻の歌とダンスで
表現されています。
 「歌と踊り」というのは、最も原始的な表現方法の一つですが結局
そのシンプルな方法が魂に訴えるのかもしれません。
 もちろん、音楽も演出もものすごくかっこよく、シンプルな方法を究極まで高めるとこうなる、という作品でした。

 なんといっても女優陣が、1本の映画でこんなに〜と思うほど豪華。
ニコール=キッドマンに、ペネロペ=クルス、マリオン=コンティアール。ジュディ=デンチ(007のM)!。
 綺羅星のごとくとはこのことです。なんかトクした気分になれます。

 なんといってもグィドの母親役のソフィア=ローレンの風格には
恐れ入りました。しかも40年くらい前の「ひまわり」の時と
あんまり変わってないような・・。
 70とっくに過ぎても、女。胸の谷間はマスト。
イタリア女の心意気をみました。


 ストーリーはあんまり気にせず、映画館で楽しみたい映画でした。
 

 
 
posted by たへ at 21:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

ロングジャーニー

ヴェネチア在住の主人の従姉妹Mさんに、2ヶ月ほど前に
荷物を送りました。

インスタントラーメンとか、サトウのご飯とか、みつ豆の缶詰とか
チーズ鱈とか。
しょ〜もないけど、イタリアではあんまり売ってないかな、という
物の詰め合わせです。

 着いたってメールが来ないな、と思っていたら、
「宛先が不完全」というよくわからない理由でかえってきました。

 ・・・ちゃんと書いてるし、前は届いたのに。

 まあ、賞味期限もあるから食べようか、と箱をあけて
一番上のチキンラーメンを出してみました。

 ? 袋の上からの手触りが・・ベビースターラーメン?

 袋を開けてみると、粉っごな!
 
 粉砕されていました。

お湯をかけると、リゾットみたいな見た目のやるせないシロモノに
なりました。

 そういえば、段ボールもフニャフニャ。

誰かが、この荷物で20分間ばかりバレーボールのラリーをして、
その後、ヴェネチアの運河に落っことした疑いが・・・。

 こんな状態でよく、日本までかえってきたな〜。

 次にあける一平ちゃんは、麺の状態なんだろうか。
posted by たへ at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

シャーロック・ホームズ

 食べたことばっかり書いていてはイカン!

久しぶりに映画の話題をば。

「シャーロック・ホームズ」観ました。
ストーリーは、普通ですが楽しめます。音楽もいいですし、映画らしい映画といいましょうか。

 NHKで昔やっていたテレビシリーズの影響か、ホームズといば
線の細いインテリ、ワトソンはぽっちゃり癒し系というイメージが
強いですが、この映画では全く違っています。

 ロバート・ダウニー・Jr演じるホームズは、格闘技の達人で
ちょっとエキセントリックな変人。
 ジュード・ロウのワトソンは、おそらく映像史上一番スマートな
ワトソンではないかと。

 でも、昔読んだ原作のホームズには、むしろこの映画のホームズ像が
近いような感じがします。けっこう力で解決してたような気がするし。
アヘンでラリってワトソンに心配されたりと、わりとアブない人だったような。

映画全体は、世紀末の混沌とした雰囲気の中、ゴシックホラーっぽい
事件が展開する正統派ホームズ物といえるのではないでしょうか。

 そして、なんといっても、一応、ワトソンの婚約者や峰富士子的な
ホームズの元カノ?などが出てくるものの、
女なんておよびじゃない二人の濃厚な絆こそ、正統派ホームズ物の証。

 私は好きな映画でした。


posted by たへ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

北の国から

 「臨月に入ると胃がすっきりして食べ過ぎるので注意しましょう」

ニンプ本に書いてある通り、食べ過ぎています。

ちょっと控えようと思った矢先、奴らが・・・北からの刺客が!

 「春の北海道観光と物産展」。


毎年私を太らせる天満屋岡山店の風物詩です。

基本的に物産展は何でも好きですが、北海道・・遠いだけに
値打ちがあるというか、テンション上るんですよね〜。

 前期のみ出店の「橙ヤ」のラーメンはけっこうおいしいです。
炭火焼チャーシューメンおすすめ。高いけど。
しかし、さしもの私も、子供より先にチャーシューが鼻から
出そうになるくらい、がっつりした量なので、2人で行って、チャーシューメンと普通のラーメンを頼み、チャーシューを分け合うのが吉。

 そして、花畑牧場の生キャラメルソフトは今回も人気ですが、
私は、ベイグドアルルのフルーツソースのかかったソフトクリームが
気に入ってます。
 すっぱい木いちごソースがラーメンの後にぴったり。 

 ラーメンの後に、ソフトクリーム・・・ええ、食べましたよ。


 我が、ニンプーライフに悔いナシ!
posted by たへ at 23:33| Comment(4) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

世界一ィィィ!のカステラ(自称)

 神戸食べ物ばなしの続きです。

 ちょっとレトロだけど活気のある元町の商店街の中、
以前から気になっていたカステラ屋さんがあります。

R0013373.jpg

「誰もが知っている」・・・?

 レトロをかなり通り越した店構えです。

R0013372.jpg
 
「味は世界一!」・・・・シュトロハイムの店か?
 世界一!と豪語するも店頭のガラスケースに並んだ箱の包装紙が
黄ばんでいることは否めません。

うなぎの寝床タイプの店の壁には、雑誌掲載時の切り抜きや、
何故か、佐藤栄作首相の手紙?ケネディ大統領の写真等々・・
所狭しと貼ってあります。

R0013378.jpg

 もちろん、すべてセピア色。

 そして店の奥に鎮座するカステラ。

 よかった・・・セピア色じゃない、普通に黄色い。

店のさらに奥からおじさんがでてきて

「★ポ@*セ◯^^〜」。

・・・あまりに伝統的なDAMMY VOICE、いわゆるダミ声だったので
一瞬、私の可聴域を超えてしまいましたが、どうやら

「小さいのは1本1050円」と説明してくださったようです。

1本下さいとお願いしてから、7分ほど包装に時間がかかりましたが
壁のセピア色の切り抜きを眺めていると時間の感覚がなくなります。

 家に帰ってドキドキしながら切ってみました。

Image1631.jpg
 
 うん?下のほうに卵が沈殿しているのか微妙に2層になっている?

 一口食べて「?」
 二口食べて「??」

 結果的に2人でその日のうちに1本食べてしまいました。
 
 正直、世界一おいしいってわけではないんですが、
 あんまり甘くなくて、しっとりした卵の風味でなんだか
 食べ飽きないんです。2切れくらい食べても
 「はて、私は今、本当にカステラを食したのかな」と思うような
 不思議な味。 

 1本食べても、美味しかったかどうか、よくわからない
 けど、なんか食べてしまう。

 謎のカステラでした。

 店がおもしろいので一度お試しあれ。

 

 
posted by たへ at 19:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

神戸 食べ納め?

 昨日で臨月に入りました。

で、先週、しばらく来れないだろうと思い、神戸に行ってきました。

 もちろん、餃子とケーキのためです。

 新愛園(中華)→上海餃子(水餃子)→パティスリーモンプリュ(ケーキ)→クレープ屋→ひょうたん(焼き餃子)。

 滞在約6時間で5軒。ほぼ1時間に1回食べていました。


 クレープ屋さんあたりで「耐久レースみたいになってきた」と
つぶやいていたダンナサマー。
 
 しかしながら、彼が私の本当の恐ろしさを目の当たりにするのは
帰りの新幹線の中だったのです。

 座るなり、ガイドブックを開いて
 「今度来る時は・・・ここの小龍包とカニと春雨炒めと・・
エストローヤルのシュークリームと・・グリル一平・・
あ、でもひょうたんは外せないし・・。」
 
 満腹なのに、次回の食い倒れ旅をウキウキと計画。

 「・・・まだ、食いもんの本、見とる・・・!」

 おののく夫の表情にタイトルをつけるなら

 「今、妻の食い意地が怖い!2010!」。

 だって、おいしいや〜ん。
 
posted by たへ at 20:23| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。