2010年09月25日

奈良2 南欧創作料理コクトゥーラ他

 行きの近鉄電車(たいていうっすら1、2分遅れるユル電)の中で
お昼をどこで食べるか相談する私とR子。

 私「あ、SAVVY(雑誌の名)が奈良特集やから持ってきたで」
 R子「?。さ、さびぃ?」
 私「・・・雑誌の。」
 R子「あ〜、SAVVYね!今、完全に平仮名で変換してたわ。侘びさびのさび。」

うん。それだと確実に姉妹雑誌WAVVYがあるね。盆栽特集とか、あるね。

結局電車の中では何も決まりませんでした。

 博物館を出てから、さびいのお告げに従い、「南欧創作料理コクトゥーラ」に
行ってみることになりました。

 記事からおいしそうな匂いがしたことと、地図を読めない私と読まないR子でも
辿りつけそうな場所だったからです。

 近鉄奈良駅から歩いて10分くらいの「コクトゥーラ」はカウンター8席の小さなお店です。

 ランチは、前菜、パスタ、デザート、飲み物で1500円。

 良心的な値段ですが、どれも丁寧に料理されていておいしかったです。
 このお店、当たり。
 奈良の地鶏や卵など、地元の食材を多く取り入れている点も好感が持てます。

 
 前菜は、プラス500円で盛り合わせにしたので生ハム、エビ、鳥刺し?薫玉と色とりどり。
 どれもおいしい。

 私の頼んだカルパッチョの乗ったボロネーゼ。

Image3721.jpg




 プラス200円で生パスタにしました。
 もっちり麺とくどすぎないソースに生肉、ほんのりパルミジャーノの塩気が絶妙。
 洗面器いっぱい食べられそうでした。

 R子が頼んだのは「トビコとスズキのパスタ」です。
 
「トビコのパスタのお客様・・。」
「あ、私は、トビッコですっ!」 


アイ アム トビッコ。

食い気味に堂々と名乗るR子。
しかもトビコなのにトビッコってなんかドジっ娘みたいな言葉になってるし。

 彼女とのつきあいも20年(!)になりますが、
昔から、特に面白い事をしているワケではないのに
結果、全体的に面白い仕上がりになっている事が多い稀有な人物です。


 ともかく、トビッコがふんだんに使われたパスタは、
細め乾麺によく絡んでこちらも美味。
トビッコに目を奪われていましたが、かなり大きいスズキの切り身も
ふっくらとおいしいかったです。
 

 別に頼んだガーリックフレンチトーストも新食感。ワインにも合いそうな気の利いた味です。

 デザートはデラウェアのジュレとクリームブリュレ。
 ジュレは洋酒のきいたオトナっぽい味。ブリュレも卵くさくなくてちょうどいいなめらかさ。

 横で「これの表面のパリパリ・・割るの、好き黒ハート」とR子がスプーンでブリュレのカラメルをうれしそうにコチコチやっている間に
2秒くらいで食べきってしまいました。 
 
 とても満足して店を後にし、新薬師寺へ。
途中、私が地図を見ながらも逆方向へ向かうという荒業を繰り出し、いたずらに疲れたのでした。

 へろへろになって入った、カフェのケーキは、ハズレよりの普通でした。
ただ、壁で仕切られた奥まった席だったので、落ち着けたのはよかったです。

落ち着きすぎて、マイルーム状態になり会話の内容を選ばなかった私たち。

 お店のお姉さんが、オーダーを取りに来た時に口走っていた言葉は

 「下僕」。

 お茶を持って来た時には

 「下克上が・・・」。


 なんの話だったかは、聞かないで下さい。

 同好の士がいるというのは、ありがたい事です。


 何はともあれ平城遷都1300年の奈良は特別展や、秘仏の公開などイベントが
たくさんあります。

 洒落たお店やお土産も増えているので、いい意味でぼさーっとしている奈良へどうぞ。

 コクトゥーラはおすすめです。
 
posted by たへ at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良はよいものだーっ!

 所用があって大阪へ。
所用が終わると、ここぞとばかり、母にSタロウを預け脱出。

 行き先は奈良。道連れはR子。高校時代から二人で出かけると雨やら雹やらが降る
アメフラシーズですが、今回は晴れて暑いくらいでした。

 大阪南部の人間にとって、奈良は幼稚園の頃から遠足に行く身近な旅先です。
緑が多くて、空がひろい。なんといっても街中に野良鹿、もとい、ご神鹿がうろうろしているのが
よく考えるとおかしい不思議なところです。

 国宝の数、全国3位。世界的にみてもすんごいものがいっぱいあるのに、京都ほど観光と
日常が離れていなくて、なんとなくぼさーっとした雰囲気なのが奈良の魅力です。

 今は平城遷都1300年でいつになく盛り上がっていますが、
ぼさーっと感は失われていなくて安心しました。

 近鉄奈良駅のカフェで、盛り上がりの一端を発見。


Image3711.jpg





 せんと君カフェラテ。せんと君カプチーノ。
なかなかの仕上がりですが、看板を撮ったら満足して飲むにはいたりませんでした。

 駅を出て、まずは、お目当ての「国宝展」へ。(26日まで)
 奈良国立博物館旧館が素晴らしくリニューアルされていました。
以前は、白熱灯の下に適当に仏像がある感じのやるせなさでしたが、ライティングもいい雰囲気。

 いつも東大寺の法華堂(R子曰く「国宝の納戸」)でぎゅうぎゅう詰めになっている
仁王さんものびのびとしておられて、ありがたみが増してみえました。

 みずらを結った聖徳太子の少年時代の像にすかさず手をあわせる四天王寺高校出身者二人は、
周りの人の怯えを含んだ視線を気にすることなく、博物館を満喫するのでした。

 昼ごはんのあとは、新薬師寺へ。
町外れにあって、かなり歩くのですがここは素晴らしいお寺です。
  
 新薬師寺という名前ですが、「新」は霊験が「あらたか」という意味なので
NEW薬師寺ではありません。
躍動感のある個性的な12神将像は有名ですが、
意外とお参りには行った事がない人も多いようです。

 創建は天平年間。本堂も、中の12神将の像も一体を除いて奈良時代に作られた
古刹の中の古刹です。 

 もちろん、建物も神将像も国宝なんですが、
「仏像にお賽銭を投げないで下さい」と張り紙がしてある程度で、
触ろうと思えば触れるというユルさに参拝するたびに驚きます。

 このユルさが、奈良!

 仏像は美術品ではなく、アクマで信仰の対象であることを思い出させてくれる新薬師寺は
まことに良いお寺です。

 ご本尊はもちろん自分の干支の神将像に手をあわせるのが、
ここのお参りの仕方です。
今年が寅年でなんかうれしい。


 けっこう歩いてぐったりしつつもお茶を飲んで復活。
そろそろ帰ろうかと、駅にむかっていたのですが、二人どちらからともなく

 「仁王さん・・見てへん。」

 やはり、奈良に来たからには東大寺の南大門の仁王像に会わずして帰ることはできません。

 しかも、南大門は拝観料がかからない。

 薄暗くなる中、東大寺へ急ぐ我々。あれ?けっこう遠いな。
前一緒に来た時はすぐやったような?

 それって10年以上前の事やな・・・・。

アラフォーの悲哀を感じつつ、うっすら息を切らして、南大門に到着しました。

 おお!

 平城遷都1300年で予算が出たのか、ライトアップされている!

 夕闇迫る中、照らし出される仁王さんは、お変わりなく力強いお姿です。


がんばって歩いてよかったな〜。と満足して奈良を後にしたのでした。

 

 帰りつくと一日中Sタロウと相対して、ややぐったり気味の父母が。

 すみませぬ。ありがとう〜。

posted by たへ at 11:29| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。