2008年06月16日

ザ マジックアワー

 言わずとしれた三谷幸喜監督の最新作です。

 ポスターやサイトのトップには「最後に笑うのは誰だ?」という
コピーが書かれていますが

 最後に笑うのは、間違いなく観客です。

ストーリー
 ギャングのボスの女に手をだしてしまった青年。許される条件は
誰も顔を知らない幻の殺し屋デラを連れてくること。
 期限までに殺し屋を見つけられない青年は、売れない俳優を殺し屋に
仕立てることを思いつく。俳優には映画の撮影だと嘘をつき何とか
ボスの前につれてくるのだが・・・。

 映画のセットのような(実際セットなんですが)架空の街で繰り広げられるドタバタ劇・・・のはずなんですが、そこに売れない俳優の
映画への一途な思いが加わり、笑いの中にも、どこか切なさも感じさせる作品になったのは、佐藤浩一さんの味のある演技による所が大きいと
思います。
 もちろん、他のキャストも個性的で素敵でした。
 ほんのちょい役で豪華な俳優が(中井貴一、鈴木京香、唐沢寿明
等々)登場するのも楽しみです。

 「ラジオの時間」や「有頂天ホテル」に比べるとテンポがゆっくりですが、それも古き良きコメディ映画という雰囲気を高めているのかも
しれません。

 これは誰かと一緒にみて、笑って、気持ちよく映画館を後にして
ほしい映画です。


 
posted by たへ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100754923

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。