2008年09月14日

屋久島

 月曜から木曜まで屋久島にいってきました。

仕事柄、「言葉にできない美しさです」などというのは怠慢だ、と
普段は思っているのですが、言葉の無力さを感じる光景の連続で、
「・・・すごい」しかでてきませんでした。

(月) 一湊の海岸
(火) 白谷雲水峡〜太鼓岩(ガイドツアー)
(水) 淀川登山口から淀川小屋 ヤクスギランド
    尾之間温泉 
    
(木) 西部林道 永田浜など車で屋久島一週


R0011317.jpg というわけで往復10時間という行程に恐れをなして
縄文杉はみにいきませんでした。
 白谷雲水峡〜太鼓岩コースでも十分きつかったです。

 もののけ姫の森のある白谷雲水峡にはぜひいってみたかったので満足です。
 苔に覆われた森の中は、水を含んでしっとりとした空気まで
緑に染まってみえます。
 深く息を吸うと体の中にも緑の空気が満ちてくるような心地よさ。

R0011484.jpg
 雨が通り過ぎた後には、スギゴケに、一つ一つ水滴がついています。光がさすと、緑のレースのふちに小さなガラス玉が光っているような
美しさです。



R0011409.jpg 苔にみとれていて、ふと顔をあげるとすぐ近くにヤクシカの親子がたっていました。
 頭上の枝をヤクザルがわたっていくこともあるなど
静かだけれど、生き物の気配にみちた本当の森の中でした。


R0011349.jpg 写真や映像にはうつらない圧倒的な力と美しさ。
まさに「もののけ」。なにものか大きなものの気配を感じる場所です。
 
 情報だけで知ったような気分になっているけれど、
本当のことは、何にも知らないことを気づかされました。
 
 

 何年か前、体をこわして入院していたときにある人が
貸してくれたのが
田口ランディさんの「ひかりのあめふるしま」でした。
 屋久島、特に白谷雲水峡についてイメージのひろがる
すばらしい本だったので、
色の少ない病院の中で、いったいどんな所だろうと
あれこれ想像していました。
 でも自分が行くことはないだろうと思っていましたが
こうして実際にその場にたてて、本当に幸せな気持ちになりました。
 もちろん、私の想像をはるかに超えた所でした。


 



posted by たへ at 23:22| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
屋久島…
学生時代から行ってみたいと思いつつ、
結局行けていない憧れの島です。。。

たへ姉さんのブログ見て、やっぱり行きたい!
絶対行くぞ!
Posted by シケ@北の大地 at 2008年09月14日 23:56
 >シケくん
ぜひ!いってみて。行かなきゃわからんとは
ここの事です。
若い時にいったほうが
いろんな場所にいけていいよ。
 けっこう本気の登山だから。
Posted by たへ at 2008年09月15日 11:09
絶対行く!
今、決めました。

私も体が緑の空気で満ちる感覚、体験してみたいです。
素敵!
Posted by tico at 2008年09月15日 13:27
屋久島を訪れる人で「屋久島に呼ばれてきました」って話を聞くことがありますが
たへさんは呼ばれた感じしました??

子どもがもう少し大きくなったら本気の登山覚悟で行きたいな〜!!


その場に立ってどんな感覚が広がるのか・・・
しばらくはたへさんのリポートからの想像ですが、憧れの気持ちを膨らませていきます〜
Posted by えみっち at 2008年09月15日 16:07
えーっ、素敵−。
人工的なものばかりに目を向けていたバブル期女子大生も
今はひたすら自然の恩恵と大事さに感じ入ってます。

屋久島、全身で自然のエネルギーを感じられそう。
Posted by miraicci at 2008年09月15日 16:21
屋久島、憧れの島です。
少し前、テレビで見ましたが、夫と「ここへ行くには山道を歩くのに備えて鍛えてから行かなくちゃね」という話をしてました。
神聖な気持ちになるんでしょうね。
私もいつか言葉にならない美しさを体験しに行きたいな。
Posted by えっつ at 2008年09月16日 17:50
>ticoちゃん
 大山登ったなら装備も大丈夫〜。トレッキングシューズとかレインウェアにお金がかかったから・・。いってみて。
>えみっち
 「呼ばれた」かどうかはわからないけど
入院中に本を読んでなければいかなかったとは思うから、ご縁は感じます。
 ちなみに貸してくれたのはカイロの人。
 子供が歩ける場所もあるし、海もきれいだからあと何年かすれば、きっと。
>miraicciサマ
 自分の小ささを気持ちよく実感できました〜。
>えっつサマ
 超インドア派の私でもいける場所があるのでたいていの人はだいじょうぶかと。
鍛えていったらもっと奥深くにいけて
いいでしょうね。いつか姫ちゃんもご一緒に。
Posted by たへ at 2008年09月16日 18:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。