2008年11月15日

レッドクリフ

 制作費100億円!
 トニー=レオン 金城武 出演!
 MI2(ミッションインポッシブル2)のジョン=ウー監督!

 にもかかわらず
 つっこみどころ満載のいろんな意味でスケールのデカい映画です!

 歴史ものでストーリーは周知のことではありますが、
 一応、これから絶対観ようという方は読まないでくださいね。
 ネタバレありです。




 ストーリーはいわゆる伝統的な正しい三国志。
 
 「皇帝をないがしろにし、強大な武力で天下統一をもくろむ
曹操。人民を守りながら撤退する劉備には、その徳を慕って
豪傑、関羽、張飛、趙雲
そして天才軍師孔明がつきしたがうのであった」
 
 という講談調の筋運びです。
 戦闘シーンはすごい迫力!
 
 すごすぎて、もはやマトリックスです。
 
 趙雲は片手で劉備の子を抱きながら、降り注ぐ槍を
かわしつつ、馬に飛び乗り、群がる敵をけちらし・・。
 関羽は矛の一振りで同時に10人くらいの敵をふっ飛ばす。
 張飛にいたっては、素手で敵軍に突進。
騎兵の馬に体当たり!?馬ごと倒して敵から槍を奪って
大暴れ!
 
 だったら、最初から武器持っていこうよ。
というか・・・張飛も将軍だから馬には乗ってるでしょう・・。
 徒歩に素手って・・・・歩兵より装備が少ないんですけど。

 そして、劉備と同盟を組む呉の国の将軍「周ゆ」
 アジアの大スター トニー=レオンが演じています。
  金城演じる孔明と、言葉ではなく琴の合奏!で語り合い
 同盟を決めたり、主君孫権に自信をつけさせるため虎をけしかけたり
と、なかなか大胆、というか、かなり危ない将軍ぶりです。

 度肝をぬかれたのは、戦闘シーン。
 周ゆサマの兜が・・・・小さい!
 中国の兜なのでぴったりしたヘルメットタイプなのはいいんですが
 おでこが丸見えで、サイズのあっていないヅラっぽい!
 そんなにデコがみえてちゃ、兜の役目果たさないし!

 と、いろいろ楽しくつっこみながら観て参りまして
 およそ2時間半。
 いよいよラストです。
 
 この映画のタイトルは「レッドクリフ」。
 世界史上に名高い「赤壁の戦い」を題材にした映画です。

 


 で、赤壁の戦い前夜、いよいよ激戦が始まる・・・!

 という所で「Part2につづく」。

 えええ〜。

 その時、映画館にいた人の気持ちはきっと一つだったはず
 
 「闘わんのか〜い!」


 ひっぱりすぎです。

 こうなったら意地でも2を観る!
 「赤壁の戦い」を観るぞ!
 
 もちろん、陸戦のシーンも迫力たっぷりで
 それなりには、楽しめます。
 むしろ、こんなに心ゆくまでつっこめるのも、また楽し。
 レイトショー1200円でぜひ劇場でごらん下さい。
 
 特に金城武とトニー=レオン大好きなあなた、必見です。
 あなたのことですよ。M子。
 

 
posted by たへ at 22:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見てきましたよー。
なかなか赤壁の戦いが出てこないから、まさかと思ってたら!
あれは雛段から転げ落ちる芸人さんの気分でした。
こんなおあずけされたら、涎垂らしながらPart.2見てやる〜!!
Posted by シケ@北の大地 at 2008年11月16日 18:39
>シケくん
 ほんと、度肝をぬかれたわ。
あの引っ張り方・・。北京五輪の開会式を思い出したよ。監督は違うけど。
 あれも長かった!最終的には聖火はついたけどね。
Posted by たへ at 2008年11月16日 21:27
あ。
あたしのことか。


観に行かなくてもいいや、って思ってレビュー全部読んぢゃったけど。

読んだらめっちゃ行きたくなったわん。
Posted by M子 at 2008年11月18日 12:39
>M子
 ぜひ!劇場でトニー様も兜の小ささを実感して。あと、エロス担当トニー様は露出もありです。
 いや、ほんと、つっこみどころも多いけど見所もたくさんでおもしろいから。
Posted by たへ at 2008年11月18日 20:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。