2009年02月08日

都路里 他

 河原町までもどって、京都の定番「茶寮 都路里」へ。

 学生の頃からここの白玉パフェが大好きで、よく並んでいたのも
懐かしい思い出です。
 この日も行列でしたが、席数が多いので、10分ほどで入れました。

 茶々パフェとつじりパフェで悩む姉上。
 店員さんにどう違うのか聞く私。
「茶々パフェにはほうじ茶のゼリーが〜」とわかりやすく説明して
くれました。
 「で、どっちにするん?」

 「え・・・と。どう違うんやったっけ?」

 姉上、聞いてな〜い。店員さん、苦笑。

 ううむ。朝から子供の世話をして、京都で歩き回って
かなりお疲れのご様子。
 八坂神社を全滅させたのもきっと疲れのせいに違いない。
 きっと・・。

 あいかわらずおいしいパフェで脳に糖分を補給し機嫌良く
店をでる大阪姉妹。この時点ですでに夕方5時半。
 「もう、京都で晩ご飯は無理やな・・。」

 しかし、これで帰っては、食の狩人たる私の面目が立ちません。
(誰に対して?)
 京都駅とは全然方向違うけど、どうしても
三条の「ボンヌタルト ミディアプレミディ」でタルトを狩って、
もとい、買って帰りたい〜。

 「大人が焼きたてをほおばるお菓子」というコンセプト、雑誌や
グルメブログでも評価の高いタルトを食べてみたいっ!
 私の鼻息におされて三条まで連れて行かれる姉上でした。

 りんごやチェリー、ラズベリーとおいしいそうなタルトがずらり。
 一個500円くらい・・・高っ!
 でも念願のタルトを買ってうきうきと店をでると、
振り向いた姉上が、怯えた表情をしています。
 
 「たへ・・・・ひとりでめっちゃ笑ってる。こわ〜」

 どうやら悦びのあまり、無意識のうちに満面のほくそ笑みを
うかべていた模様です。

 なんとか自分の食い意地と折り合いをつけ、京都駅の伊勢丹で
晩ご飯を買い、この日は実家に二人で帰りました。

 京都伊勢丹で買ったものは

 かに入り巻きずしと焼き鯖寿司。

 あ、鳥取の物産をわざわざ買ってしまったぁ。
 

 わりとおいしかったけど、なんとなく不本意。


 念願のタルトは、素材のよさがわかるおいしさでした。
 ただ500円は高いかな〜。
 買ったことに後悔はないけど、一度で満足、もらうとうれしい。
 私にとってはそういう位置づけになりました。


 久しぶりに京都にいって懐かしさと新鮮さがいりまじる
不思議な気持ちになりました。
 しばらく京都熱がつづきそうです。

今度は、俵屋のカフェで蕨餅食べたい。
 お茶とセットで2000円。
 ご無体なお値段どすえぇぇぇ。
 
posted by たへ at 22:58| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日帰りでよくぞここまで…!!!と、
私ではこなせそうになりスケジュールです(笑)

わらび餅、私は祇園徳屋のもの(1200円! 高い!)が大好きなのですが、
閉まるの早いし、並んでるし、なかなか行けれないのですよね。
俵屋って、高級旅館ですよね??
カフェもあるんですね〜知らなかった!
俵屋のわらび餅って、一体どんなもの??と、検索したら、こんなブログ見つけました(笑)
http://ameblo.jp/otokonosweet/entry-10056580144.html
ますます、食べてみたくなりました〜(笑) 高いけど!!



Posted by まさみ at 2009年02月09日 20:45
都路里のパフェ、美味しいですよね〜。
私もまた近々京都に行く予定なので、参考にさせていただきます〜。
寒いのを我慢すれば、特別公開が多くて観光客は少なくて、楽しい季節ですよね!
Posted by こはる at 2009年02月09日 22:55
>まさみちゃん
 徳屋のこないだテレビで見た〜。食べてみたひ。俵屋、偵察にいってみてよ〜。
 しかし、ボラレてる感が否めないよね。
>こはるちゃん
 たまたまそんなに寒くない日で助かった。靴ぬいでお寺にあがるとつま先がしびれるくらい寒いよね〜。でも美しい時期です。
Posted by たへ at 2009年02月10日 18:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113908515

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。