2009年11月01日

子供ナレーター

 今日は県立図書館でお仕事でした。

図書館で募集した子供ナレーターの音読大会、表彰式の司会です。

130点を超える応募の中から、事前審査で選ばれた30人だけに
どの子もすばらしかったです。

 審査委員長として東京からいらした片岡輝さんは
「グリーングリーン」や「飛んでったバナナ」などを作詞した
方ということでお目にかかるのを楽しみにしていました。
 イメージ通りのとっっても優しい、子供が大好きなのが伝わってくる
方でした。

 声に出して読むのは、聞いてくれる人あっての事。
一人で黙読するのとは、違ったおもしろさがあると思います。
これからも、読む楽しさを感じ続けてほしいな。
posted by たへ at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子ども店長・・・ならぬ子どもナレーター!!
わあ☆私も聞いてみたかったです♪

声を出して読むのは、聞いてくれる人あっての事。

・・・確かに〜
毎日家で航が音読してくれるんですが
(最近はコナンの漫画を一人何役にもなって
聞かせてくれる・・・)
うっとうしがらず、ちゃんと聞いてやらねば・・・
Posted by えみっち at 2009年11月02日 16:09
>えみっち
 コナン・・・蘭ねえちゃん役も航が・・?
録音して、思春期にさしかかった頃に聞かせてやんなさい。ぷぷぷ。
昔、コナンというと未来少年だったけど、
今は、江戸川だねぇ。
Posted by たへ at 2009年11月02日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131781987

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。