2009年12月27日

ヂブリーランド 他

 気がつくと、更新していませんでした。

さて、先日関東地方に行ってきました。
 天気がとてもよくて、鎌倉の逗子海岸とか、横浜の外人墓地とか
東京の電車の窓とか、いろんな所から富士山が見えてうれしかったです。
 富士山見ると、東国に来た〜という感じがします。


 今回のメインは、ヂブリーランドもとい、念願のジブリ美術館。

どのくらい念願かというと、3年ほど前に、チケットを予約して
寝言で「ネコバス〜」と口走るくらい楽しみにしていたにもかかわらず
台風のせいで行けなくなって布団の中で一日中ふて腐れ以来、
ずっと行きたいと思っていたくらいの、念願です。

 バスから降りるとすぐ目の前が美術館です。屋上に立つのは、
「ラピュタのロボット兵や〜ぴかぴか(新しい)

 頭から完全にいろんな電波を発するほどテンションの上がる私。
一方、お連れの方は「・・・あれは、何に出てくる何・・・・?」

 すみません。あんまり興味ないのに、つきあわせてスミマセン。

 ともかく、キャラクターのステンドグラスやら、原画やら鼻血の
出そうなものが一杯の、私にとっては夢の館です。
 
 そして、いよいよ念願のネコバスとご対面!


 一方そのころ、友人M氏とM子が交わしていた会話。

 「たへちゃん、ジブリ行ってるらしいよ。」
 「大人はネコバス乗れないって知って、キレてないかな・・。」



 キレてました。

 ネコバス(要するにどデカイネコバスのぬいぐるみ)に
ワンサカたかる子供たち。キャッッキャいいながらマックロクロスケの
ぬいぐるみを投げ合っておる。

 未練がましく係の人に
 「あの、ここは・・・子供だけ・・?」
 「12歳までです〜」 

 あ〜ん〜ま〜り〜だぁ〜。

 足元に転がってきたマックロクロスケを、腹いせに投げ返す
30と5歳でした。

 気を取り直して、ミニシアター「土星座」へ。
この美術館でしか見られない15分くらいの作品が楽しみです。
作品は期間によって違いますがこの日は
 「メイとこねこバス」
 これは、かなり当たりの作品らしい。

 短いですが、すごくクオリティの高い、とにかく楽しい作品でした。
 大人も子供もニコニコしてシアターを出ていくのが印象的です。

 これでだいたい機嫌は直ったんですが、ますますネコバスに
乗りたくなってしまいました。

 ああ、どこかの大富豪が私にネコバスをくれないかしら〜。
 「君のためにネコバスを作ったよ。さあ、存分にのりたまえ」

 ・・・・・嫌やな。そんな大富豪。

 さんざんネコバス、ネコバスいうてますが、
 ジブリ作品で一番好きなのは、ラピュタです。
 
あ、ジブリ美術館はさほどジブリ好きじゃない人でも
そこそこ楽しめるようです。
posted by たへ at 22:44| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あらっ、ニアミスですね。
わたくしも先日その辺をうろうろしておりました〜。
三鷹のバス停なんかもネコバス仕様でかわいかったですねえ。
先日、ヴィヨンの妻を見ていたので、ちょうどとおりがかりに玉川上水の太宰治入水のポイントも感慨深くみてまいりましたよ〜。
Posted by waka at 2009年12月27日 23:34
ジブリーランド・・・あのネコバスは、ほんとよく出来てるよねえ。
ネコバスに大して思い入れの無いあたしですら
係員の目を盗んでギュッてしちゃおうかと思ったもん〜。

70年後くらいに転生して首都圏在住の小学生になれたら
二人でネコバス乗りに行こうぜ〜。
クロスケも投げまくりや!!!
Posted by M子 at 2009年12月28日 23:42
>wakaサマ
 そのポイントって・・まさか立て札とか
立ってないですよね・・。
今年も素敵な作品でひょうげて下さい!
>M子
 うん・・・そうしる。
で、年明けいつ、肉る?
Posted by たへ at 2010年01月04日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。