2010年03月15日

シャーロック・ホームズ

 食べたことばっかり書いていてはイカン!

久しぶりに映画の話題をば。

「シャーロック・ホームズ」観ました。
ストーリーは、普通ですが楽しめます。音楽もいいですし、映画らしい映画といいましょうか。

 NHKで昔やっていたテレビシリーズの影響か、ホームズといば
線の細いインテリ、ワトソンはぽっちゃり癒し系というイメージが
強いですが、この映画では全く違っています。

 ロバート・ダウニー・Jr演じるホームズは、格闘技の達人で
ちょっとエキセントリックな変人。
 ジュード・ロウのワトソンは、おそらく映像史上一番スマートな
ワトソンではないかと。

 でも、昔読んだ原作のホームズには、むしろこの映画のホームズ像が
近いような感じがします。けっこう力で解決してたような気がするし。
アヘンでラリってワトソンに心配されたりと、わりとアブない人だったような。

映画全体は、世紀末の混沌とした雰囲気の中、ゴシックホラーっぽい
事件が展開する正統派ホームズ物といえるのではないでしょうか。

 そして、なんといっても、一応、ワトソンの婚約者や峰富士子的な
ホームズの元カノ?などが出てくるものの、
女なんておよびじゃない二人の濃厚な絆こそ、正統派ホームズ物の証。

 私は好きな映画でした。


posted by たへ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。