2010年07月11日

 昔の大河ドラマ「独眼竜政宗」で、梵天丸時代の政宗が
花が折り取られた桔梗の色をきかれ
 「心の目でみれば今も紫っ!」といったのを何故か思い出しました。
昔の子役の棒読み具合が懐かしい。最近の子、うますぎませんか。 

 
Image2871.jpg




 先日、食卓にのった心の目で見ずとも紫の物体。

 じゃがいもです。

 実家から送られてきました。

去年、紫色のツタンカーメンエンドウを植えてみたら、事の外おいしかったので 
両親の中で「紫の野菜=意外とおいしい」という方程式ができあがったのか
紫のじゃがいもを植えてみたようです。

 この写真だと、ことさらまずそうですが
味の濃いメークィンといった感じの、ちゃんとおいしいじゃがいもでした。

 しかし、茄子以外で、紫の食べ物って日本の食卓ではかなり異彩を放ちますね。
posted by たへ at 11:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紫ね〜。
ウチも食卓に紫芋粥が出たことがありまして...。
想像してみてください。
綺麗な紫に染まったふやけたお米。
紫芋には何の罪もないんだけどな〜。

おいしいし栄養たっぷりなんだよね。
ハラショー!紫!
Posted by kumiko at 2010年07月11日 19:13
あえて紫芋をお粥にした所がすごいでふ。次は紫ジャガ芋でスープ作ってみようかな。魔女の鍋みたいになることでしょう。
Posted by たへ at 2010年07月12日 00:49
玉野にきたら紫芋だらけです・・・
甘くておいしいですよね☆
紫芋のケーキは子供にも喜ばれますよ(^^)
Posted by えみっち at 2010年07月15日 07:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。