2007年10月05日

イタリア 食べ物のはなし

  「アモーレ、マンジャーレ、カンターレ」
 「愛して、食べて、歌って」。イタリア人の人生をよくあらわす
言葉なんだそうです。

 アモーレとカンターレは今回特に味わえませんでしたが、
確かにマンジャーレ。食べ物はやはりおいしいです。


 日本のイタリア料理と比べて飛び上がるほどおいしいってわけでも
ないんですが、材料も味付けもしっかりしていて、どこかに野性味が
あります。そして量がやはり、多い。

 日本ではうやうやしく、一口サイズに切ってでてくるモッツァレラチーズは丸ごとでてきます。一人一個は当たり前〜。巻き取っても
巻き取ってもパスタはなくならない。
 でもけっこうおいしいので、つい食べてしまいます。

 「ウーノ!ピっコラ!(ひとつ!ちっちゃいの!)」を連呼したにもかかわらず、6日間で2キロ太りましたふらふら
 
 恐るべしマンジャーレ大国!



 なかでも印象に残ったものは

GR21-RVP_24.jpg

 フィレンツェで食べた生のポルチーニ茸のタリアテッレ。
 フレッシュのポルチーニのは、パスタが運ばれてくる途中で
わかるくらい香りたかくて感動しました。


T3-3_9A.jpg

 そして同じくフィレンツェで食べた
 通称 酔っ払いスパゲッティ。

 要するにスパゲッティを、ニンニクと唐辛子で風味をつけた
赤ワインで軽く煮込んだものです。

 見た目は・・・・ご飯中の方、すみません。

 皿いっぱいの「ミミズ」です。

 ちょっと引きましたが、食べるとこれが!
 
 赤ワインの渋みと酸味で、なんともコクのある味。
 ニンニクと唐辛子もいいアクセントになっていて後を引きます。
 お酒に弱い私は、食べてるとポカポカしてきました。

 好みのわかれる料理かもしれませんが
 今まで食べたことのない癖になる味、私はかなり気に入りました。

他にも、ミラノで食べた固ゆでの魚介のリングイーネに、ステーキ、
 マロングラッセ、ジェラート、パニーニ、ヴェネチアの手長えびの
スパゲッティに、はんぺんみたいなポレンタ、干しだらの煮物、
朝ごはんのヌッテラ(チョコクリームみたいなもの)いりのクロワッサンにカフェラテ・・・・。

 そら、太るわいなぁ・・・。

 でも、時間がなくてミラノ在住M氏に教えてもらった、肉料理のおいしいお店にいけなかったことが、すごく心残り。
 ヴェネチアであまりに混んでてサンマルコ寺院に入れなかったことより、ず〜っと心残り。元祖ティラミスのお店もお休みだったし。

 私はきっと、いつかまた、イタリア、メタボリックツアーに旅立つでしょう。 肉料理のために!

posted by たへ at 00:31| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
楽しく読ませていただいております。

きれいな写真、美味しそうな料理、、
かねたかカオル世界の旅を凌ぐ行きたい衝動にかられました。

嫁さん共々神棚のオータムジャンボに「イタリアに行きたい」と手をあわせる次第であります。
Posted by yojipapa at 2007年10月07日 09:07
>yozipapaさん
 コメントありがとうございます。
オータムジャンボ様が当たった暁には、是非
ファーストクラスでイタリアへ。
 ユーロが本当に高くて、泣きそうでした。
でもいってよかったですよ〜。
Posted by たへ at 2007年10月09日 00:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58866564

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。