2007年10月23日

アヒルと鴨のコインロッカー

 予告編をみて軽い青春コメディなのかな〜と思っていましたが、
全然ちがう!

 予想外に骨太で切ない、いい映画でした。

地味だけど、観てよかった。シネマクレール石関で今週末までなので
どうしよかな、と思ってる方はぜひぜひご覧ください。

 ちょっと展開が強引?と思える部分もありましたが、きっと
原作の小説だと登場人物の気持ちがもっと細かく描かれていたのではないかと思います。
 
 でも濱田岳、瑛太、の演技がその辺りをカバーしていてあまり気にはなりませんでした。

 あまり予備知識なしにみたほうがよい映画だと思います。
 いやあ、私はみてよかった。
 M、すすめてくれてありがとう。
posted by たへ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。