2008年01月12日

ナショナルトレジャー リンカーン暗殺者の日記

 今回の一番のドキドキはやっぱり主演のニコラス=ケイジが
びしょ濡れになるところでしょうか・・。か、髪が・・・。

 歴史謎ときのおもしろさが少なく、カーチェイスとか遺跡からの脱出が
メインだったので、前作のほうが私は好きでした。

 母親の言語学者を演じたヘレン=ミレンはやっぱりかっこいい。
 クィーンの時とはまったく違うイメージなのが、さすが名優です。

 しかし、つくづく今まで王族がいたことのないアメリカ人にとって
 大統領こそが王様なんだなぁってハリウッド映画みるとよく思います。
 
 大統領が許せばALL OK。
 「よいよい。余が、許す。」
 「はは〜っ。かたじけない。」
 ・・・・・みたいな感じです。
  
 
posted by たへ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77889675

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。