2010年10月31日

マロンクリームタルト

 今日はハロウィンですね。
カボチャのお菓子を食べましたか。

 私は、関係なくイリエのマロンクリームタルトを食べました。

以前はレモンタルトを紹介した、ホームメイドケーキ イリエ。

 マロンクリームタルトは今回が初めてです。
前からおいしそうだと思いつつも
「りんごタルト」や「あんずタルト」や
「チーズタルト」や「サワーチェリータルト」や
「チョコレートタルト」など好きなものが多すぎて、つい後回しになっていました。


Image4221.jpg





写真のせいで、大仏さんの螺髪かキスチョコの大群のように見えますが、
隙間なく絞られたマロンクリームです。

 断面を見ると、凝ったつくりなのがわかります。

Image4231.jpg




(バックには、タルトに夢中の母に抗議するSタロウの頭)


 クリの風味は残しつつ、なめらかなマロンクリームの下には
ふんわりと軽めの生クリーム。
中には、刻んだ栗の渋皮煮と甘さ控えめのチョコスポンジが
忍ばせてあります。
 このスポンジの量が絶妙です。
多すぎるとタルトらしくなくなるし、
少なすぎると生クリームでくどくなりますが、ちょうどいい!
 
 そして、なんといっても、ほんのり塩味のイリエのタルト台は
クッキー生地ほどゴリゴリせず、パイ生地ほど脂っこくないので
多めのクリームも引き立ててくれます。


 マロンクリームタルト。
 なんで今まで食べてなかったのか〜、と激しく後悔しつつ
一気に半分食べて恍惚です。


 ちなみに、わざわざ写真と載せたのは
このタルトを食べたがっていたけど、
食べないまま遠くに行って、あと数年は帰ってこない人に
見せてあげるためです。ふふふふふ。
リキュールの風味も効いていて、
すごく、好きそうな味でしたことよ。ふふふふふ。
 
 
 ハッピーハロウィーン。

posted by たへ at 16:16| Comment(7) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

ミレット

 昨日のお食事会は「ミレット」。

久しぶりに食べたら、やっぱりおいしい。
どれもいい素材を丁寧にお料理されているのがわかります。

 前菜のイイダコのトマトソース煮、白身魚の春巻きのバジルソース、
黄ニラのパスタ、美声豚の煮込み、いちじくのコンポート、かぼちゃのなめらか〜なプリン・・。

うっかり全部書き出しそうになるくらい、どれも美味。

 写真はありません。来たらすぐ食べちゃったから!

 
 おいしくても食べたあと疲れる料理もありますが、ミレットは逆で
体も心もほのぼのと満たされる味だと、私は感じます。

 ああ〜〜。書いてるそばからまた食べたくなってきたよぅ。

 
posted by たへ at 16:05| Comment(2) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

なんばん往来

 福岡のお土産といえば、ひよこまんじゅうか、博多通りもんでしょうか。

どっちもおいしいけど、私が推すのは さかえ屋の「なんばん往来」です。

Image3591.jpg




 アーモンド粉で作ったふんわり軽い甘めの生地を
ちょっと塩っぽいパイ生地で包んであります。
 少し入っているジャムが味のポイント。季節によってラズベリー、ブルーべりー、マロンと
変わりますが、私はラズベリーが一番好きです。

 以前、番組で気の利く門司出身のAD,S君が買ってきてくれてから、お気に入りのお菓子。

 ダンナサマーの福岡出張により、久しぶりに食べました。
パッケージが変わってコ洒落た感じになっていましたが、味はかわらず。

 さかえ屋に外れないな〜。
posted by たへ at 12:43| Comment(5) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

honey2

 諸事情によりバタバタしたり、ブログを書いている場合じゃ
なかったりで、お久しぶりの更新です。

 ブログを書いている場合じゃなくても、ケーキ屋さんを探索する事は
怠らず・・。

 鹿田町のhoney2(ハニーハニー)に初めて行きました。


 300円代の良心的な値段で、美味しいケーキとまあまあ美味しい
サンドイッチなどが並んでいる持ち帰りのケーキ屋さんです。

 ケーキは、モンブランやイチゴショートといったオーソドックスな物もいいんですが、特におすすめなのが「ベルギーチョコ」。

 ほとんどチョコそのものの台にベリー類のコンポートがたっぷり。
 一見くどそうなんですが、チョコが甘すぎず、ベリーの酸味と
相まって大人っぽい味にまとまっています。

 なんで、このケーキだけ特筆すべきおいしさなのかは謎です。

 他のもおいしいんですけどね。
 
 それと、シュークリームが180円で巨大!
 注文があってからクリームを詰めてくれます。
 大きさにびびりますが、クリームがおいしいので食べてしまうのが
 コワイ。

 土日はケーキ3個買うと、シュークリームかプリンがついてくるなど、いろいろと太っ腹なお店です。
通いすぎて、太っ腹になりつつあるので、自重します。

 ただし・・ランチセットのピザはおすすめしません。
まずいわけではないし、ボリュームもすごいんですが、、塩辛い!
posted by たへ at 15:12| Comment(4) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

けし餅

 けし餅をご存知でしょうか。

Image1901.jpg




地元を出るまで、それが堺の銘菓で、他ではあまり見かけない
お菓子だとは知りませんでした。

 こし餡を薄い求肥で包み、芥子の実をまぶしつけた
簡素なおまんじゅう。
 見た目も地味だし「けし」という名前から華やかな席には出てこない
日常のおやつです。

 しかし、これが美味しいんですよ。

 噛むと芥子の実のプチプチした歯ざわりの後に、香ばしい香りが
広がって、求肥に包まれたこし餡の甘みが追いかけてきます。

 素朴でシンプルなのに洗練された味だと思っています。

 「小島屋」の物が有名で、梅田の阪神や阪急などデパートにも
置いてるので手に入りやすいんですが、ちょっと甘みが鋭すぎる
気がして、私はあんまり好みではありません。

 おすすめは「宝泉」(京都の宝泉とは関係ないと思うんですが)。

 堺市内に数軒ある和菓子屋さんです。実家の近所にもあるので
お饅頭はいつもここのを食べていました。
 このお店は、こし餡派には特にたまらない上品な味わいです。
 最初に食べたいちご大福もここのでした。未だに私の中で
一番好きないちご大福です。

 けし餅もプチプチ感とこし餡のなめらかさが絶妙。
 あ〜、食べたくなってきた。実家に帰ると絶対に食べます。
 親が買ってくるので値段を忘れましたが、150円前後かと。

 堺市内にしかないので難易度高いですが、大阪南部に
お出かけの機会があれば「宝泉」。
 おすすめです。
posted by たへ at 18:07| Comment(8) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

北の国から

 「臨月に入ると胃がすっきりして食べ過ぎるので注意しましょう」

ニンプ本に書いてある通り、食べ過ぎています。

ちょっと控えようと思った矢先、奴らが・・・北からの刺客が!

 「春の北海道観光と物産展」。


毎年私を太らせる天満屋岡山店の風物詩です。

基本的に物産展は何でも好きですが、北海道・・遠いだけに
値打ちがあるというか、テンション上るんですよね〜。

 前期のみ出店の「橙ヤ」のラーメンはけっこうおいしいです。
炭火焼チャーシューメンおすすめ。高いけど。
しかし、さしもの私も、子供より先にチャーシューが鼻から
出そうになるくらい、がっつりした量なので、2人で行って、チャーシューメンと普通のラーメンを頼み、チャーシューを分け合うのが吉。

 そして、花畑牧場の生キャラメルソフトは今回も人気ですが、
私は、ベイグドアルルのフルーツソースのかかったソフトクリームが
気に入ってます。
 すっぱい木いちごソースがラーメンの後にぴったり。 

 ラーメンの後に、ソフトクリーム・・・ええ、食べましたよ。


 我が、ニンプーライフに悔いナシ!
posted by たへ at 23:33| Comment(4) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

堂島ロール

 せっかちといわれる関西人に行列を作らせる「堂島ロール」。

以前Y子さんにもらってから、また食べたいな〜と思っていました。

 その堂島ロールが、今日から、天満屋で期間限定販売。
しかも、朝9時半から整理券配布ですと!

 暇ニンプーの今行かずしていつ行くのか。

9時25分頃着いたら、おお、もう100人以上並んでいます。
みなさん、なかなか情熱的ですね。
バレンタイン限定チョコ味もあるから?

 で、ほくほくとプレーンを1本購入。1200円。

 帰るなり、切る。

Image1601.jpg



相当切り身がぶ厚い事は認めます。
だって!薄切りのロールケーキなんて、魅力激減ですよ!

 安売りのイチゴも一緒にパクパク。
 
 幸せ〜。卵の風味がやさしいしっとり生地にこれでもかとクリーム。
これで、しつこくないのが不思議。

 粉砂糖で口の周りを白くしながら食べていると、

 「オウッ!?」

 イチゴを落とすほど
 ものすごい勢いで下から胃を蹴り上げられました。
 

 中の人よ・・。今のは完全に両足揃えてドロップキックだったよね。
 もしくは、シンジとアスカのシンクロ蹴り・・。

 胃が下がってきて重かったのが気に入らなかったのでしょうか。

 私の食い意地とせめぎ合う、中の人でした。

 
posted by たへ at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

パン屋さんの豚まん

 安産のためには歩かねば!と思っても無目的は辛い。

そうだ!パン屋さんに行こう!
大好きな「ブランジュリー・コロンバージュ」に行くなら
寒さなんて・・・寒さなんて・・。
 さすがに今日の寒波はきつかったです。

鼻がもげそうな風の中、お店に入ると豚まんとあんまんが!

「今日から始めたんです。寒いから何か温かいものをと思って。」と
爽やかなご主人に言われては・・。
即、イートインスペースでハフハフ。
 当然、写真を撮る暇などない!

 ふんわりもっちり生地に中身もたっぷり。
岡山産SPF豚肉と黄ニラ入りでやさしい味わいです。
小ぶりでおやつにぴったり。おいしい〜。

160円。期間限定なので是非。

 それにしても、コロンバージュのパンの種類の豊富な事!
クリームパンや餡パン、サンドイッチといった親しみやすいものから
本格的なクロワッサンやカンパーニュ、デニッシュ、季節限定の
ものまで。しかも何食べてもはずれなし。

 まっとうに仕事をしているお店って素敵やな。
食べる前からいつも幸せな気持ちになれるパン屋さんです。

 浜のプラザホテル横のコスモ石油の道路挟んでお向かいです。
まだの人、行ってみてくださいな。
posted by たへ at 20:24| Comment(5) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

笠岡ラーメン ささ家

 「あ。ラーメン食べたい。」と思ったら止まらない。

M氏から、つけ麺がおいしいと聞いていたお店に直行。
閉まってる!金曜の7時半なのに?!

 すぐ近くに笠岡ラーメンの店があった事を思い出し、
気を取り直して早歩きです。

何年か前に、食通で知られるIディレクターから
「ここのは本場の味」と
聞いて食べてみたいと思っていたのに、何故かずっと忘れていました。

 こじんまりとした店内では、常連ぽいおじさんがひとり、
つまみながら、飲んでおられる様子。
 ご主人は、知らんお姉ちゃんが、いきなり一人で入ってきたので、
一瞬びっくりしていましたが、すぐに笑顔で、迎えてくれました。

 オリジナル550円より具が多いという「とりそば」650円を
注文。
 歯ごたえのあるかしわとやわらかいもも肉が両方入ってて
うれしい。あとは半熟たまごと、メンマとおネギ。
シンプルだけど、文句のつけようのないバランスです。
 スープは、鳥と醤油でしっかりとした味だけど、後口はあっさり。
女性にもおすすめです。飲んだあとの締めにもいいでしょうね〜。

 お会計の時、「今日はラーメンサービスデーだから500円。」

 えっ!?650円のラーメンを150円引きって、大丈夫?

おいしかったし、いいご主人だったのでまた行こうと思います。

 場所は天満屋の一筋南の通り。焼肉屋さんのとなりです。
「笠岡ラーメン」ののれんに似あわず、若干ファンシーな外観なのは
元は喫茶店だったから。今もサンドイッチ等おいてます。
不思議なお店だ・・・。
 みなさんも行ってみて下さい。
posted by たへ at 21:15| Comment(3) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

とらきち

 新年のごあいさつをしないままに、七草も過ぎてしまいました。

 寅年です。年女です。今年もよろしくお願いします。

 年明けに天満屋の地下に入っている和菓子屋さん
「籠もよ」で見つけた新商品、その名も「とらきち」。

要はどら焼きみたいなものですが、これ!すごく美味しい!

Image1581.jpg




 店頭で一枚づつ焼いている皮は、しっとり、なぜかもちもち。
薄さも絶妙です。
 「籠もよ」自慢の小豆の味が生きているあっさりつぶ餡と
このもっちり皮がお互いを引き立てあっています。
 
 しかもトラ柄の焼き目がキュート。(キュートンではない)。


 これだけ揃って!お値段、たったの

 84円!

 今なら、もう一つおつけして、168円!
 いや、それは普通ですけど。
 つい、いくつも買ってしまいそうです。
 新年早々、ヒット商品を見つけて、よいスタートです。

 「今年もいろいろ、美味しいもの食べたい。」
 欲望に忠実な今年の抱負を述べさせて頂きました。

 阪神ファンの方へのおみやげにもいいかも。
posted by たへ at 18:45| Comment(2) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

おやつの時間

 土曜日、ルネスホールでおすてきなイベントがありました。

 公文庫カフェプレゼンツ

 「フランスのおやつとお花に恋をして・・・」


 ホールの中におしゃれかつさりげないフラワーコーディネート、
そして、テーブルの上にはおいしそうな お・や・つグッド(上向き矢印)

Image1371.jpg




 土光まりさんのフラワーコーディネートの中、
 多田千香子さんのトークと、おやつを楽しめる
まさに、大人乙女のためのイベントといえましょう。

 多田さんは、岡山出身。全国紙の記者としてつとめた後、
一念発起して、フランスにおやつ留学をしたという剛の者。
 今は京都の町家でおやつの教室をしたり、レシピ本を出したりと
ご活躍中です。
 細い体に好奇心とサービス精神、そして何より
 おやつを愛する心がいっぱい詰まった方でした。

 トークもおもしろかったけど、お菓子が!
 めっちゃおいしい。
 いわゆる気取ったおフランス菓子ではなくて、
なつかしさも感じられるほっとする味。

 これはまさに、スウィーツではなくて「おやつ」です。

 普通のサブレが何故こんなに・・?
栗の渋皮煮の入ったコーヒー風味のパウンドケーキがこれまたぴかぴか(新しい)

DSCF0327.jpg




 食べる前、すでに満面の笑みのワタクシ。
撮影のM子いわく「たへちゃん・・・えびす顔。」

 食べたらえびすを通り越して大黒さんだったかも。
 誘ってくれてありがとう。
posted by たへ at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

重量級の愛

 うちの父母の愛は、かなり重い。
文字通り、重いのです。
 堺の実家から岡山に戻る時、かばんの中は、いつも
父が作った旬の野菜が満載。
 朝一でとった三度豆、なす、きゅうり、ピーマン・・。
こないだはプラス、庭でできたラズベリーで母がつくった
ジャムまで。母のつけたらっきょは・・無理だった。

 道中、肩にくいこむ親の愛。でも、本当においしいし、私の大好きなものばっかりなので、重くても持って帰りたいんです。

しかも、途中で大阪のデパ地下にはよらずにいられない。
 泉州名物「水茄子の漬け物」。これを岡山に持って帰りたい!
三つも買ってしまった。だって3つこーたら100円引きになるって
売り場のお姉さんがゆうたから・・・。

 親の愛と郷土愛の重みで、うっかり肩が抜けそうになりました。


 しかしどれも持って帰ったかいのあるおいしさ。

 水茄子。


Image1211.jpg






 母作のジャムと観音屋のチーズケーキ。


Image1191.jpg








 もろもろ野菜もおいしくいただきました。


 と思ったら、実家から相当重たい荷物が届きました。

 お米とらっきょと野菜・・・。


 こんな重い荷物をどうやって送ったんだ。還暦すぎたお母さんよ!
 ありがとうございます。
 でも、無理はしないで下さい。
 
 
posted by たへ at 14:25| Comment(5) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

ラ・メールのケーキ

以前から行きたかった津山のケーキ屋さん
 「ラ・メール」。
 ええ、ホルモンうどん2玉食べた後に行きましたが、
 何か?

 以前、岡山市内にあった「シェ・フィガロ」というケーキ屋さんは
私が今まで食べた中で一番おいしいと思ったお店です。
 東京に出店し評判になっていましたが、その後パティシエが
亡くなられ、とても残念に思っていました。

 「ラ・メール」は、フィガロのパティシエの娘さんが
されていると聞いて、これは行かずにはいられないと
馳せ参じたわけです。

Image1121.jpg





 一口食べて、感動。
 久しぶりにケーキを食べて感動しました。

 ほろっと崩れるダックワーズ生地にはさまった
バニラクリームはムース一歩手前くらいの絶妙のふんわり感。
 やわしい甘さを、フランボワーズとパッションフルーツのソースの
酸味が引き締めています。

 ようするに、とってもおいしい。

 もう一つ頼んだキャラメルムースがアプリコットタルトに
のったケーキも大人っぽい味わいがたまりませんでした。

 もちろん、お父さんの味とは違うオリジナルですが、
丁寧な作り方と、気の利いた味の組み合わせ方は、ああ、娘さんなんだな、と思わせるものでした。
 そこに女性パティシエらしいやさしい味わいが加わって
私の好みにはぴったりのケーキでした。

 よかった・・・お店が津山で・・!
 近くにあったら、たいへんな事になりそうです。

 東京あたりで一個700円!とかで売ってる超有名店のケーキより
私はおいしいと思うんですが・・。
 それぞれの地元でまじめに仕事をしている職人さんて
すばらしいですね。


 

posted by たへ at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

スカイファームのクレープ

 頭痛から復活し、まず行ったのは天満屋で開催中の
あいらぶカフェまつり・・・。

 番組みたことないけど、このイベントはいつも楽しみにしています。
だって、安富牧場のソフトクリームくるしるんるん

 今年もソフトを食べようとでかけたんですが、

思いっきり目移りしてしまいました。

 讃岐・いちご屋・スカイファームのクレープ。

イチゴの農家のお店のようで、イチゴソフトなどもありましたが
やはり、クレープ!

 地元小麦を使った生地ももっちりさくっとしていて
香ばしく、生クリームも甘すぎず、
何より、ご自慢のイチゴのコンポートがおいしい。
 よけいなものが入っていない素朴な味で、
かなりたっぷり入っているけど食べ飽きないんです。

具だくさんなので、一人で片手でもって写真をとることは
できませんでした。
 正直にいうと例によって食べるのに夢中で忘れていたんですが。

 このクレープは今年の一押しです。

 三回リピートしてしまいました。
 きっと最終日ももういちどいくでしょう・・・。

 高知からきてるJUEL?のシフォンケーキもいけました。

 月曜日までです。お急ぎあれ〜。
posted by たへ at 22:13| Comment(3) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

九州沖縄の物産展

 「馬刺しが・・・大好きだ。」

最近まで気がついてなかったんですが、どうやら私は
馬刺しがかなり好きなようです。

 店のメニューにあると、絶対頼むし、九州の物産展では
熊本の馬刺しを2回は買ってしまいます。高いのに。

 赤身であっさりしてるのに肉の味がしっかりするところが好き。

いきなり馬刺し愛を語ってしまうのも、三日前に食べたばっかりだからです。今、天満屋で「九州沖縄の物産展」をやっているので
よろこんで買いにいきました。

昨日は鯨のカツ。鯨も好きです。

 要するに赤身の肉が好きなのですね。

 でも、プロフィールの「好きな食べ物」の欄に

 馬刺し   とは書けない・・・。なんとなく。



あ、ブルーシールのソフトクリームもおいしかったです。
紫芋とマンゴーのミックス。

おいしいけど・・・色合いはなんかすごい。




 しばらくブログを更新していなかったら、実家の親から
安否確認の電話がかかってきました。

 お父さん、お母さん、たへは元気で馬刺しを食べています。
posted by たへ at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

旭堂のワッフル

晴れた日、西大寺にいきました。
 行こうと思って行ったというより車でいつのまにか着いていたという感じです。

会陽もおわった観音院は、植木市がひらかれのんびりした雰囲気。
 吉井川からの風は冷たいけれど、川面に踊る光の明るさは
すっかり春です。

            IMG_6421.jpg




 観音院からすぐの商店街で、「和富留」の文字を発見。
 わふる・・?あ、ワッフル!

IMG_6401.jpg

 いかにも昭和の和洋菓子屋さんという店構えの「旭堂」さんに
はいってみました。
 なつかしい形のこぶりのワッフル。なつかしい形の
マドレーヌ。
 店番をしていたおばあさんの、さっきまで後ろの工場で
お菓子作ってましたという白い耳あてつき帽子も良い感じです。

 うれしくなってワッフルとマドレーヌを購入。
 300円もしなかった・・。
 どうやらワッフルは1個80円くらいらしい。
 値段は書いていませんでした。

IMG_6434.jpg

 レトロなパッケージもかわいい。
 
 味は、想像した通りのなつかしい味。
 コーンスターチ多めのプルっとしたカスタードに
 ふんわりした皮。
 今時なかなか味わえません。
 それほど甘くはないので、パクパク食べてしまいます。
 もっとたくさん買えばよかった〜。
 カスタード好きのダンナサマーも大満足でした。
 マドレーヌもおいしい。
 これぞ正しい日本のマドレーヌです。

posted by たへ at 20:08| Comment(3) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

イタリア土産

 今日の晩ご飯はパスタです。
よく見えませんが、ツナとドライトマトとオリーブが入っています。

Image0631.jpg








 このツナとドライトマトははるばるイタリーから
空輸されてきた舶来モノです。

 先日、友人M子とK子さんが、イタリア旅行にでかけました。
現地ガイドは、ミラノ在住M氏(いわゆるソフトクリーム刑事です)。
 私も一緒にいきたかったんですが、仕事で断念。

で、M子がお土産に持って帰ってくれたのが

M氏推奨のツナ缶とM氏推奨のマロングラッセとM氏推奨のポテチ。
M氏推奨のチョコクロ。
頼んでいたドライトマト。
ベネチアンガラスのペンダント(色はM氏が決定)。

 マロングラッセは2種類。
お砂糖がかりかりのと、全体にねっとりしたもの。
 どっちもすてがたいけど、栗の味がより引き立つのはねっとりかな。

ツナ缶とポテチはオリーブオイルの風味が最高でした。
 
 イタリアのチョコクロは、ちょっと安っぽい味で大好き。
おフランスのクロワッサンとは違う食べ物です。

 こんなにいっぱいお土産もらって大満足。ありがとう〜。

 の、はずなんですが・・・・

 もう一つ、M氏推奨のお土産が。

 それは・・・M子とK子さんがおいしそうにいろんなものを
食べている動画。

 おととし私がイタリアにいった時には定休日でいけなかったお店の
ステーキとか!カツレツとか!ピザとか!ジェラートとか!
カンノーロとか!モッツァレラとか!
 
観ていると脳内がよだれまみれになりましたよ。しどい!

 それにしても・・・この動画。
 食べている女子二人をM氏が撮影しているので、
M氏は声だけの出演。
 「ねぇ・・どう?どう?・・・・これも、食べてみて・・」

あの・・・・音だけ聞いたら桃色DVDの監督みたいなんですけど!


 何はともあれ、お土産と愉快な思い出をありがとう。

posted by たへ at 00:50| Comment(5) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

バターシュガートースト

Image0521.jpg 







焦げた厚揚げにしかみえませんが
後輩あっこちゃんにもらったおいしいパンで
バターシュガートースト+シナモン。

 パンにバターをたっぷり塗って、トースト。
溶けたところで、砂糖をどばっとかけるという
キングオブファットな食べ物です。

 でもおいしいんですよね〜。
シンプルでちょっと懐かしい味です。

 思えばバターシュガートーストは、母が大好きなパンの食べ方。
子供の頃の日曜の朝昼ご飯に、母をまねて時々食べていました。

 当時は、ブランチなどといいうしゃれた言葉はなかったので
日曜の遅めの朝ご飯を「朝昼ご飯」といっていました。そのまんま。

 バターシュガートーストも十分おいしくて、日曜の特別メニュー
だったんですが、さらにスペシャルなのが

 バニラアイス オン バタートースト。

 バターをこってり塗ったトーストにアイスクリーム。
バターのほのかな塩気とトーストの熱でやわらかくなったアイスの甘味が口の中で溶け合います。
 しかも、ハーゲンダッツ上陸前の当時、この世で一番高級な
アイス(と小学生の私が思っていた)レディーボーデンの
バニラアイスがのってるんですから
その悦びたるや・・!

 「朝からこんな贅沢をする私」という気持ちも、おいしさを
倍増させていたことは確かです。

 日曜にゆっくりパンを食べている時というのは、
だいたい親も機嫌がいいので、バターシュガートーストやらアイスクリームトーストの周りには、楽しい気分が漂っていたように思います。

 だから、今でも食べるとなんとなく朗らかで満たされた気持ち
なるのかもしれません。

 でも、「カロリー」という言葉さえ知らなかった
小学生の頃とは違って、バターシュガートーストを口に入れるとき
一瞬「バター+パン+砂糖・・・って!高カロリーの
三位一体やな〜」っという考えが頭をよぎる今の私。
すっかり大人になってしまいました。


 結局 「まだ、朝やし、いける、いける〜」と
残らず食べるんですけどね・・。

posted by たへ at 23:16| Comment(3) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

担々麺

 たんたんめん。たん、たん、めんるんるん

 なんとも楽しい響きです。タンタンメン。


西古松の中華料理店「洋明」。
ランチタイムにいってきました。
 Wさんのおすすめ担々麺を注文。

 醤油とごまと黒ごまの三種類からえらべますが、ごまを選択。

Image0482.jpg









 おお、こくがあっておいしい・・・と思ったら
か、辛い。けっこうしっかりと辛い。でもおいしい。

 後を引く味で、汗をかきながらもスープをすすってしまいます。


 他の人が食べていた日替わりとか酢豚定食とか八宝菜とか
五目やきそばとか、気になるメニューがいっぱい。

 きっと、また行ってしまうでしょう。
そして、他のも食べたいと思いながら、きっと、また「担々麺」を
頼んでしまうのでしょう。
くせになる味でした。

誰か・・・何人かでいきませんか。いろいろ頼みたいよぅ。



 次課長さんに「オメェに喰わせる担々麺はねぇ!」って
いってみてほしいな・・・。

 
posted by たへ at 21:10| Comment(8) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

お雑煮

 あけましておめでとうございます。
今年も脱力ブログをよろしくおねがいします。


 結婚4年目にして初めて、主人の実家のお雑煮を食べました。
1日にいけなかったり、だらだらしてて夕方いって
お雑煮のタイミングを逃していたゆるすぎるヨメ・・。

 大阪の実家は白みそのお雑煮なので、主人にもオレ流雑煮を
作っていました。
 今年こそはお義母さんのお雑煮を食べた〜い、と昼頃実家へ。

 こちらです。


Image0481.jpg


 ほうれん草と人参と卵と百合根とささみ・・の下にお餅。

 緑と赤と黄色と白できれい。


 お世辞ぬきで、今まで食べたおすましのお雑煮の中で一番おいしい!

 来年も絶対食べたい。

 あ、作り方聞いてない・・・。
 きっと来年もお義母さんに作ってもらうんでありましょう。

 本年もユルヨメ全開。


 それにしてもお雑煮って岡山でも場所によっていろいろですね。
 それぞれの味っていいな〜。
posted by たへ at 00:27| Comment(7) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。