2011年01月14日

海月姫 その他

 お正月、実家から出られず姉から借りた「海月姫」6巻までを
3回くらい読みました。

 東村アキコ作の「海月姫」。

 昭和レトロな下宿「天水館」は、男子禁制オタク女子の館。
三国志、人形、ジジ専、鉄道・・それぞれが自らの世界に耽溺する下宿人たちは
「尼〜ず」を自称し、男を必要としない人生を心楽しく送っている。
クラゲオタクの主人公月海が、ひょんな事から
尼〜ずの天敵、「おしゃれ女子」を泊めた事から、彼女達のぬるい日常がかわりはじめる。

 テンション高くてテンポのいいコメディで、おもしろいです。

メガネ、ださジャージのオタクが、メガネとって着替えてメイクしたら
あ〜ら、かわいい!
 という、70年代もしくはサルまん的な展開も確信犯だと思われます。
出てくるドレスや着物、おされなファッションもかわいいので女子は
とくに楽しいでしょう。

 心に何か残るってわけではないけれど、コメディとしては文句なし。
つづきが楽しみです。

 ところで、オタク女子「尼〜ず」の会話は、多少の誇張はあれど、
私が高校時代から今まで、友達や姉とかわした会話と口調とか、ほとんど変わらないです。
 懐かしくもおもしろく読んでいたわけですが、この漫画が累計80万部のヒットということは
全くオタクではない、「マンガ?好き。NANAとか、君に届け、とか〜、おもしろいよね」という
方々も読んでいるわけですよね。
 いったい、どういう視点で楽しんでいるのか。自分がオタクなので一般目線がわかりません。

 シートン動物記みたいな感じ・・?

オタクじゃなくて海月姫読んだ人、教えてください。


 その他、最近読んだもの

 天国旅行 三浦しをん   エッセイとのテンションの違いがまさに三浦しをん。
              ひんやりして気持ちの底がざらっとする感じがよかった。

 図書館戦争 有川浩    東京都のアホ過ぎる出版物の規制条例が可決されるとは、
              絵空事ではなくなってきたのか〜。
              設定はおもしろいけど、恋愛要素いるのかしら。
              私は余分だと思う。

 絶叫委員会 穂村弘    「世界音痴」というエッセイのタイトルを見たときに
              天才!と思った。ほんとにおもしろいわ。この人。
              
 ザ・万歩計 万城目学   「中学生とは、世の中で最も血中阿呆濃度が高い生き物だと思う。」
              小説は鹿男しかよんでないけど、他の本もよみたくなった。
              笑いながら、迷子。気持よく
              どこかわからない所を歩いているような気持ちになる。
              やはり、作家になろうという人は想像力と発想力が常人と違う。
              妄想を創造にに昇華できるのってすごい。 

ガラスの仮面 46巻    真澄さま・・・まさか・・・・チェリー!?


他にも読んだ気がするけど、Sタロウが起きたからこれにて。 



 
posted by たへ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(漫画も) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

今年もよろしくお願いします

 遅れ馳せながら、あけましておめでとうございます。

気がついたらかなりあけていました。

昨年末には自分の中で激動だった2010年を振りかえろうと思っていたのですが、
Sタロウが寝なかったり、立ち上がったり、ひっくり返ったり、食べたり、飲んだり、
吐いたり、下したりしているうちに、行く年来る年でした。
 結果として、2010年最後の更新が、姉の「タッキー=たまごっち説」だったのが
真に残念です。

 お正月は、両実家に帰り、チヤホヤされるSタロウ。
父母はもちろん、姉や義兄や姪達と遊んでご満悦です。
これ幸いと3日には、高校の友人宅に集まり、久しぶりに銀英伝のお気に入りの場面を
朗読し、機嫌よく帰宅したら、

 姉一家が全員、インフルエンザで倒れていました。

 よく晴れた4日。明るい部屋で4人並んで顔だけ布団からだして寝ている一家。

姉上は朦朧としすぎて「ぷぷぷ、今、空き巣が入ってきたら一家心中と思って
びっくりするやろな〜。ぷぷぷぷ」と縁起でもない想像をふくらませ笑っていたらしいです。
 あ、あぶない・・。タミフル効果?いや、姉だけの症状でしょう。

 当然、全員でSタロウにうつったのでは、と心をいためていました。

 夕方、あんまり機嫌よくないし、いつもよりは食べないな、と思っていたら、
Sタロウ38・5分の発熱。

 一同、蒼白になりつつ、救急病院にいける体制を整えていると、

 スゴイ量のブツを大放出し、熱がさがりました。

・・・・う◯こ熱?紛らわしい人ね。

 とにかくインフルではなかったようで、その後はやたら元気でした。
よかった、よかった。

 気が抜けて、倒れそうになる母(私ではなく私の母です)。

そんなこんなでせっかく大阪にいたのにどこにもいけず3日間、実家に蟄居するのみでした。

 帰る前日、「ちょっと出かけてくる!」と4時間ほど家をでていった私が
走った先は(文字通り走っていった)、難波高島屋の「ティンタイフォン」。

 小籠包が食べたかったんや〜〜!

 うん、へべさんの仰せのとおり、3時半なら余裕で入れたわ。

今年もきっと自分の食い意地に踊らされる事でしょう。

 本年もよろしくお願いします。

 

 
 
posted by たへ at 10:33| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

姉上通信

時々このブログに登場するたびに、
「また、お姉さんの話が読みたい」という熱いコメントが
ドシドシと3つほどよせられるフリーダム姉上の新着情報。

 ちょっと前、二人で難波を歩いている時、タッキーこと滝沢秀明さんの
ポスターを見て姉上曰く

 「あ。タッキーや。そういえば、昔、タッキーの事、たまごっちやと思っててん。」


 ???すでに話がハテナめいて参りました。

聞けば、今から10年以上前、まだ姉と義兄が、彼女と彼氏だった頃
二人で難波でおデート中、アイドルのポスターやらプロマイドやらをゴチャゴチャ売ってる店の
前を通りがかったそうな。

 店頭にはかわいい少年のポスター。その下に
 
 「たまごっち、入荷しました。」の張り紙。


 「ヘぇ〜。この男の子、たまごっちっていうんやね。
  かわいい顔してるわ〜」
と本気で思ったそうな。


 芸名、たまごっち。

 そんなアイドルおらんわっ。ジャニーさんに謝って!

タッキーもデビュー直後、たまごっちも発売されて間もなかったので
どっちも知らなかった事から生まれた奇跡の勘違いといえましょう。


さらに驚くべきは、彼氏であるところの義兄も
「美少年アイドルたまごっちデビュー」に疑いを抱いていなかったと言う事です。


 ああ、この二人は結ばれるべくして結ばれたり!

そんな、姉上宅の飾り戸棚。


Image441.jpg



ヘレンドのティーセットの間に、フィギュアが林立しております。

義兄のコレクションですが

「いつの間にか、増えてるねんるんるん。」と

うれしそうな姉上でした。
posted by たへ at 18:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。