2010年10月28日

大奥

 大奥。

原作の漫画が、愛情や、欲望、儚さなど、
人の本質を描き出す名作なので
映画も楽しみにしていました。

 なかなかよかったです。

 疫病により男子が激減したため、将軍も女。
大奥は女将軍につかえる男の園、という設定で
キワモノ扱いする向きもありますが
しっかりした物語をきちんと作った映画です。

 細かい心情や、物悲しさの中にもくすっと笑える部分などを
描けるのは漫画ですが
映像の華やかさには、別の魅力があります。

つっこみどころも多いけれど、役者さんはよかったです。

玉木宏さんは、お美しさには文句はないけれど、若干滑舌が・・。
二宮さん、演技はお上手ですが、月代はあんまり・・。
阿部サダヲさんは、いつものハイテンションより、抑えた普通のお芝居が
とてもよかったです。
逆に佐々木蔵之助サマのハイテンションと色気が素敵。

なんといっても吉宗役の柴咲コウさん。
白馬を駆る登場シーンには笑いそうになりました。
完全に「暴れん坊将軍」やん。
 
 で、町娘お信役の堀北真希ちゃんはよいものだー!

 かわいいです。ほんとに。着物と帯の柄もしゃれてたし。


 箇条書きの感想になりましたが、
興味のない人は、観る必要ないけれど、
多分、思ってるより面白い映画ではないかと。

 とりあえず、美しいオノコがいっぱいで愉しいです。

結局はそこ。
 

 
posted by たへ at 19:01| Comment(7) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初保育園

 最近、ちょこちょこ仕事を再開しているのですが、
先週、初めてSタロウを保育園に預けてみました。

 現在、絶賛人見知り中のため、泣く事は確実です。

 私から保育士さんに渡されると、ぽか〜んとしたまま
抱っこされて奥へ。
 手続きをしていると、3分後くらいに泣き出しました。

自分を抱いているのが母ではないと気づくまで3分かかった模様です。

遅い。

 泣き声を背に、では、よろしくお願いしま〜す、と仕事へ。


4時間後に迎えに行くと、全くの平常心で出てきました。

 私をみて泣くでも喜ぶでもなく、平常心。

「寝かすと泣きますけど、ミルク飲んだら泣き止みました。」との事。

 うん、いつも通り。

Sタロウ、動じない漢。


posted by たへ at 18:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

GO!天正遣欧少年使節・・・て。

 以前ご紹介した「シズガタケの七本槍」
セカンドバージョン発見しました。

http://www.youtube.com/watch?v=lGu6X36ldaM&feature=related


 高画質でよりチープさが強調される不思議。


 メンバーがかぶっているらしいユニット「天正遣欧少年使節」。
 
デビュー曲、「GO!天正遣欧少年使節」。

http://www.youtube.com/watch?v=nxIqf4UuXW8

ちょっと踊りがうまくなって動きもそろって衣装もまとも、

故におかしさが増しています。

 九州のバテレン、だいたい友達」!

 ラップまで取り入れたナウい歌詞で
ギャル達も大フィーバーです。

 どこまで行くのか。この番組。
posted by たへ at 11:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。